生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 電子書籍情報

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録電子書籍

タイトル:生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録
著者:葵せきな イラスト:狗神煌
出版社: KADOKAWA / 富士見書房
連載:富士見ファンタジア文庫
発売日: 2014年07月20日


生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録電子書籍試し読み

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録のラノベ小説を読もう

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録電子書籍の感想・ネタバレ
シリーズを通して一貫しているのが、主人公によるハーレム発言。特に生徒会メンバーに対しては時と場合ほぼ関係なく求愛している。が、実は求愛行動をしていない時の方が高感度が上がっていく。
基本的には一話完結なので途中からでも読めないことはないが1話から読まないと話が繋がらない場合もあるので注意が必要。
導入である第1巻の第1話では既に生徒会としての形が出来ているため、自己紹介はないが杉崎鍵視点での紹介があり、この初期評価を覚えたままシリーズ後半を読むとより一層楽しめる。
また、シリーズを重ねていくと新キャラも登場してくるのだがそれぞれしっかりキャラクターが立っている上にちゃんと男性キャラも出てくるため、カップリングをついつい考えてしまう女子でも充分楽しめる。
それぞれの話の冒頭で生徒会長が必ず名言を言い放つのでちょっとだけ勉強になる。しかし大体は勢いまかせなので議題とは関係ない時の方が多い。
会話の内容は問題発言(主に著作物と出版社間の問題)が多数出てきて、稀にどの世代を狙っているか分からなくなるが、元ネタを知っていればかなり楽しい話になっている。
なおシリーズは一存~十代までが本編で他に曜日シリーズと主人公以外離脱後の新生徒会シリーズが存在する。どこから読んでも問題はないが、新生徒会シリーズよりも先に本編を読むことをオススメします。

電子書籍で生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録を読もう!

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録は、富士見ファンタジア文庫で連載されていた著者:葵せきな イラスト:狗神煌のライトノベル作品。

「生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録」を試し読みできる
↓ライトノベル小説はこちら↓

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録電子書籍試し読み
↑タップすると電子書籍ページへ↑

おすすめの電子書籍紹介